正直メッセンジャーバッグという言葉は初めて聞きました。ただ実際には何度も目にしていたバッグでした。

Wikipediaによりますと、メッセンジャーバッグはもともと自転車従事者向けに作られたバッグだそうですね。
自転車従事者をメッセンジャーと呼ぶことから名づけられたとか。

ショルダーバッグは肩から掛けますが、メッセンジャーバッグは「肩から斜め掛け」にして背負うタイプの鞄です。
私などは普通のショルダーバッグを斜め掛けにして歩くことが多いですが、これはダサいのでしょうね。

メッセンジャーバッグは自転車で働く人用のバッグですから、何といっても機能性が重要です。
マジックテープなどで簡単に開け閉めできる作りになっています。また外を走りますから雨などにも強い防水性の素材が使われています。
フラップといわれる蓋がついていたり、中の書類を守るために二つ折りになっていたりと、いろんな工夫がされています。

メッセンジャーが夜間走行をする際での安全性を考慮して、肩紐やフラップなどに夜光反射材が使用されているのも嬉しいですね。

メッセンジャーバッグは仕事をしている人向けの鞄ですから、上記のように便利性と安全性を追求したバッグです。
しかし最近は実にファッショナブルなメッセンジャーバッグが出回り、若者を中心に愛されています。

旅行に出かけた際に空港でよく見かけました。たくさんの若者がスポーティーでお洒落な鞄を斜め掛けにしていたのです。
中高年のおばさんやおじさんが斜め掛けにしている鞄とは明らかに違っていました。

いろんなブランドがあるようですが、近いうちにお気に入りを手に入れ、メッセンジャーバッグを持ってどこかに飛びたくなりました。